Cafe de Oden ご案内

死にたいほどの悩み、誰にもわかってもらえない孤独を感じているあなたのために、少しでも安心して過ごせる居場所になればと、Café de Oden(おでんカフェ)を開催しています。

 

Café de Oden

くつろぎカフェ葵(中京区押小路通り小川東入ル)
第4火曜日
2016年1月26日、2月23日、3月22日

ハコブキッチン(下京区五条通高倉角堺町21)
第4日曜日
2016年1月24日、2月28日、3月27日

入退場自由、参加費は無料で、お申込みも不要です。
お気軽にお立ち寄りください。
ご不明な点は事務局までお気軽にお問合わせください。

 

京都自死・自殺相談センターSotto
TEL 075-365-1600
FAX 075-365-1601
so-dan@kyoto-jsc.jp

Filed under: 案内 — T.K 17:24

[ご挨拶]と[メール相談]に関して

いつもSottoを支えてくださるみなさま、旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。今年も変わらず、死にたいほどの苦悩を抱えたときの心の居場所を作っていけるよう励んでまいります。引き続き、ご支援ご協力をよろしくおねがいいたします。

 

おでんの会|食事の場

年が明けて1回目のおでんの会を終えました。
いつも予約でいっぱいなのですが、今回は当日欠席の方もほとんどなく、いつもより少しにぎやかな会となりました。ハンドマッサージのあと、みんなでおでんを食べ、ほっこりした時間を過ごすことができたと思います。毎月続けていると、最近では参加者同士で「ひさしぶり」とか「またね」と声をかけあうようになってきて、そんな様子に私たちもあたたかな気持ちになりました。

 

メール相談のご利用に関してお知らせです。

携帯電話のアドレスで相談メールの返信を希望される方は、フォームの注記にもあるように、予めパソコン(kyoto-jsc.jp)からのメール受信ができるように設定をお願いします。フィルターではじかれてしまいお返事ができません。もし3日過ぎても返事がこないなというときには、一度受信設定の確認をお願いします。

Filed under: 活動報告 — koron 19:16

事務局年末年始休業について

事務局より年末年始休業についてお知らせいたします。

■事務局年末年始休業のご案内■
—————————————————————–
事務局休業期間
2015年12月26日(土)~2016年1月4日(月)
—————————————————————–
2016年1月5日(火)13時から始業いたします。
事務局休業期間中は事務局あての電話・メールにお返しができません。
ご不便をおかけいたしますが、何卒宜しくお願いいたします。

相談事業について
◯電話相談は金曜・土曜の19時~翌朝5時30分まで、通常どおりです。
◯12月24日(木)以降に受信したご相談への返信は、2016年1月6日(水)以降になります。

Filed under: 活動報告 — T.K 09:59

事務局夏季休暇について

皆さまに事務局より夏季休暇についてお知らせいたします。

Sotto事務局は8月12日(水)~17日(月)の間お休みを頂きますので、電話・メールにお返しができません。
事務局のメールに対する返信は18日(火)以降になります。

相談事業について
◯電話相談は金曜・土曜の19時~翌朝5時30分まで、通常どおりです。
◯メール相談は12日~17日の間窓口を休止いたします。8日以降のご相談への返信は18日以降になります。
◯語りあう会は8月13日(木)14時半から会場をひとまち交流館に変えて開催致します。

Filed under: 案内 — T.K 09:29

6月封入作業を開催しました。

こんにちは。Sotto事務局です。

6月18日(木)、封入作業をSotto事務局にておこないました。
封入作業では会員やご寄附いただいた皆様へ会報を発送しています。
気づけば、今月で50号。毎月休むことなく発行し続けるのは、大変なこともありますが、私たちの思いや活動を共有できる貴重な機会です。

会報の内容はホームページの本棚でもご覧いただけます。

Filed under: 活動報告 — koron 12:51

Sottoの総会を開催しました。

皆さま、こんにちわ。

しばらくブログをごぶさたしてしまいました、
すみません。

その間5月末30日に清水理事長はじめ17名の出席を頂いて、
総会が開催され、昨年度の報告や今年度の計画が承認されました。

昨年度は従来の電話相談・広報発信・グリーフサポートに加えてメール相談、居場所作りの事業が本格的に動き出した1年で、
どちらも受容人数や募集人数を越えてしまうことが多く、必要とされていると強く実感される一年でした。
本年度も行政から助成を頂きながら、より多くの必要とされる方の元に届くようSottoの事業として継続していきます。

また委託を受けて行われて来た、被災地での現地ボランティアスタッフ育成の事業は昨年度限りとなりましたが、
被災地に向けての寄付を受けてもいますので、今年度も仙台や陸前高田で活動するボランティアから要請があれば、スタッフを派遣する事が決まりました。

早速に今後の活動について検討するため、スタッフが派遣されています。

今年度は現在行われている様々な事業を、より丁寧に広く長く継続できるよう整えて行く一年になりそうです。
その為にも運営に必要な人集め、お金集めを考えるファンドレイジングや、
対外研修・出前授業など私たちの理念「ひとりぼっちにしない」を理解してもらう広報啓発事業に一層力を入れて行こうと考えています。

Filed under: 活動報告 — yosh 10:41

ボランティア募集について

皆さま、こんにちわ。

今年度のボランティア募集は月曜に締切り、面談を始めていますが、もう少し考えてみたいとの声を頂きましたので、来週7日まで延長することに致しました。

5月7日(木)8日(金)にも面談ができるように致しますので、迷われている方でやはりやってみようと思われたら、事務局までお知らせ下さい。

事務局はカレンダー通りにお休みをしますが、休み明けに対応させて頂きます。

Filed under: 活動報告 — yosh 18:07

4月封入作業をおこないました。

こんにちは。Sotto事務局です。

先週の金曜日に、会報の封入発送をおこないました。
毎月1回、会報やリーフレット等を会員の皆様へお届けしているものです。
ボランティアのみなさんと一緒に、和気あいあいと作業しています。

今月は年度初めということもあって封入物がたくさんありましたが、
支援ボランティア(*)の方にもお手伝いいただき、無事終えることができました。

作業をしながら、楽しい話や真剣な話もしながらで、
なんだかとても充実感がありました。

会報は本棚でも見ることができるので、是非ご覧ください。
Sotto 本棚

*支援ボランティアとは
Sottoの対人支援活動に携わるボランティアの方には、毎年開催しています、ボランティア養成講座を受講していただきますが、封入作業や街頭募金活動など、直接の対人支援以外の分野でSottoの活動にご参加いただけるシステムとして、支援ボランティアというものがあります。
特別な研修はなく、簡単な説明と面談で登録が可能ですので、ご関心のある方は、お気軽に事務局までお問い合わせください。
http://www.kyoto-jsc.jp/collabo/#a3

Filed under: 活動報告 — koron 18:37